梅雨入りも間近な6月4日(日)、 神戸の相楽園で行われた相楽市(あいたのしむいち)に出展いたしました。当日はピカピカに晴れ、日本庭園をそなえた敷地では紫陽花やツツジが満開で、木々の緑がまぶしい日和でした。当日は無料解放Dayとなっており、手づくり市をまわりつつ園内を散策される方々でにぎわい、穏やかな雰囲気の中で沢山の方々とお話しすることができました。お立ち寄りいただきました皆さま、誠にありがとうございました。

今回、WORK SHOPはありませんでした。

 

相楽市(あいたのしむいち)は、
神戸市・相楽園でおこなわれる手づくり市です。 豊かな緑の中に手づくりの品を展示・販売するのテントが並びます。当日は無料開放Dayになります。

【相楽園(そうらくえん)】
神戸で明治末期に完成した日本庭園です。
蘇鉄園(そてつえん)や樹齢500年と伝えられる大クスノキなどの自然があり、春にはツツジの花、秋にはモミジの紅葉が見事です。また、欧風建築の厩舎や旧ハッサム住宅、日本建築の船屋形、茶室浣心亭などもみることができます。

神戸市立相楽園 → HP